昨今のガラスコーティング

古いガラスコーティング 新しいガラスコーティング

従来はワックスでしたが90年代ごろからポリマー系コーティングが出始めました。そして近年になってガラスコーティングが普及し始めました。ガラスコーティングも、日々改良が加えられており、初期のガラスコーティングと昨今のガラスコーティングとでは大きく違います。

【初期のガラスコーティング剤はプロにしか使えない】ポリシラザン系ガラスコーティング剤と呼ばれていました。
簡単にまとめるとポリシラザンとは、表面処理剤です。ポリシラザンを応用してカーコーティング剤に応用されたのが始まりです。
ポリシラザンは、高分子量ポリマーなので、大量の溶剤に溶かし込む必要があります。なので課題として、扱いが非常に難しく素人には手塗りは不可能で、スプレー型で溶剤を噴きかける必要がありました。被膜は非常にもろく膜厚を極限まで薄くする必要がありました。

【昨今のガラスコーティングは非常に簡単に施工できる】昨今のガラスコーティングは改良を加えられ、すぐに硬化しにくいタイプやスプレータイプのコーティング剤が普及しており簡単に施工できます。また、継続的にコーティングすることによって被膜は分厚く丈夫に仕上がります。

ページの上へスクロールする