コーティング剤の基礎知識

コーティング剤とは

このページを拝見して頂いたということは、あなたもコーティングに関して何らかの基礎知識を学びたいはず。今回コーティング初めての人はもちろん、既にコーティングを経験したことのある人も改めて学べる内容になっています。このページではコーティングの基礎知識を紹介します。

なぜコーティングをするのか

コーティングは、なぜするのでしょうか。無意識的に、コーティングをしなければならないと感じている方が大半かもしれません。コーティングをする必要性を意識することで、よりし精度の高いコーティングができるでしょう。
そもそもコーティングは「素材を守るため」にします。コーティングをすることによって被膜で覆い、汚れ、傷などから守ります。コーティングをするとは、言わば素材にヨロイを纏うすことなのです。つまり、コーティング剤を探しているということは、自分の車を守るためのヨロイを探すことなのです。では、そのヨロイは何の成分からできているのでしょうか。

コーティング剤の成分について

例えば、車用ワックスは、植物性の油脂成分が配合されています。
ガラスコーティング剤は、フッ素やシリコン、ケイ素、チタンといった分子レベルの化学成分を含んでいます。ワックスは、「ワックスとコーティングの違い」のページでも紹介したように、熱や指でこすることで簡単に落ちてしまいます。しかし、ガラスコーティングをした場合、熱に強いため簡単に被膜は落ちず、汚れや紫外線からボディを保護してくれます。成分の利点からみれば、ガラスコーティングの方が利点が多いと言えるでしょう。

撥水、疎水、親水って?

コーティングについて調べていると、「撥水」「疎水」「親水」という言葉をよく見かけると思います。それぞれの言葉についてよく理解した方がより自分の求めている製品に巡り会えるでしょう。ここで「撥水」「疎水」「親水」について改めて確認しておきましょう。
簡単に言うと、「撥水」は、水玉ができるぐらい水分を弾くことです。「疎水」は、弾く程ではないが、水が馴染まない状態のことです。「親水」とは、水が膜のように張り付く状態のことです。「撥水」と「疎水」は水分と馴染まないですが、「親水」は水分と馴染むと言った表現が正しいかもしれません。

ガラスコーティングをするベストな時期

ガラスコーティングとは、ガラスと同じ成分の被膜で車を覆い、傷などから守る技術で、 これで車は長い間ピカピカの綺麗な状態を保つことができる人気の商品です。通販などで気軽に買うことができます。
ガラスコーティングをするベストなタイミングは、買ったばかりの新車の時点です。一番傷がなく、傷から守るガラスコーティングのタイミングとしては一番です。しかし、ガラスコーティングを行うべきタイミングは他にもいくつかあります。洗車した後、車検に出した後、車を買って3年後など。車や、所有者の生活の節目に行うのがいいと言われています。車の手入れを日頃からこまめにできない方には大変オススメです。

ページの上へスクロールする