ガラスコーティングの重要性

なぜガラスコーティングをする必要があるのか

なぜガラスコーティングにする必要があるのか。それには、各々のコーティング剤を比較すると分かりやすいと思います。ワックスは油脂であるため、コーティング持続効果が非常に薄いということが特徴です。そして、ポリマー系コーティング剤は、コーティング自体が柔らかいため、非常に傷がつきやすいのが特徴です。また、効果持続期間も1~3か月であり、非常に短いことが特徴です。それに比べて、ガラスコーティングは持続効果が非常に長く、被膜が非常に厚く硬いため、傷がつきにくいのです。つまり、ガラスコーティングは性能の面で非常に優れており、これからどんどん重要視されるようになるでしょう。

ガラスコーティング使用後の変化

ガラスコーティングを使用すると使用後に大きく3つの変化があります。1つ目は、目で見て分ける「光沢感」にあります。2つ目は、有機溶剤であれば圧倒的な撥水性を実現します。無機溶剤であれば、水分を弾かない親水性を実現することができます。3つ目は、効果の持続性です。「ガラスコーティングの耐久性」のページにも記述されていますが、効果の持続性は、ガラス被膜の階層が残っていて、コーティング剤の特性、効果が持続しているということになります。つまり、撥水効果や親水効果、汚れが付きにくいという特性が持続します。

ページの上へスクロールする