ガラスコーティングの耐久性

ガラスコーティングの耐久性とは

耐久性とは、ガラス被膜がどれくらい残っているのかということです。つまり、被膜が残るだけで効果が持続していないかもしれません。
持続期間とは、コーティング剤の効果がいつまで残っているのかということです。
では、コーティング剤の効果といってもどのように判断すればいいのでしょうか。コーティング剤とは、そもそも被膜層別に役割を担っています。例えば、1層目がガラス層で、2層目が機能層といった具合です。まとめると、この層の種類、質、量によって効果の持続時間は決定するといっても過言ではありません。
つまり、商品を選ぶ際に「耐久性」というキーワードを見かけたとき、「効果の持続性」のことに書かれているのか、よく注意して拝見するとよいでしょう。

ページの上へスクロールする