ワックスとコーティング剤の違い

ワックスとは

ワックスとは、もともとカルナバろうというヤシの実からとれる成分を使用したものが一般的でした。しかし、近年ではカルナバろうに代わって、石油を原料としたろうを使用したワックスも販売されています。

【ワックスのメリット】ワックスのメリットは、なんと言っても強力な撥水性、独特な深みのある艶のボディを作り出すことでしょう。ワックスの独特の深みのある艶はコーティングでは難しいでしょう。

【ワックスのデメリット】指でこすれば、ワックス掛けした被膜は落ちてしまいます。また、熱に弱く溶けてしまうことがあるので、塗り直しが必要になります。主成分が油脂ということもあり、埃や塵が引っ付きやすいのも難点です。持続性は約1ヶ月で、月1にワックス掛けをする必要があります。

コーティング剤とは

コーティング剤とは、シリコン、フッ素、チタンなどの化学的な成分が配合されたものです。分子レベルの小ささの化学成分をボディに塗伸ばすことで、ボディ表面に被膜を作ります。

【コーティング剤のメリット】簡単な施工、汚れに対する高い保護効果と持続性にあります。最近では、スプレー型などのコーティング剤が出ているので、施工の手順がどんどん簡単になっています。また、コーティングは保護効果の持続性が非常にあるので、定期的に施工する必要もなく、簡単になっています。

【コーティング剤のデメリット】コーティング剤を厚く塗るとムラになりやすいことが挙げられます。

まとめ

以上のように、ワックスとコーティング剤の違いについて紹介してきましたが、結論は「こまめに時間をとって車の手入れをできない、でも綺麗な車を維持したい」という方には、コーティング剤がオススメです。逆に「愛車の輝きを常に最高の状態に保っていたい」という方には、ワックスは良いのではないでしょうか。

ページの上へスクロールする